一心日記

愛媛・松山にある整体 一心庵の日記です。日々の事、身体の事いろいろと書いてます。

考察 転売ヤー 好き嫌い

4連休中ですが一心庵はもちろん仕事です。

つ、疲れました。

 

何やら全国的にすごい事になっているようですね。

もうコロナは終わったって感じで人が凄く動いているようです。

愛媛は良いとは思うけど、他の県大丈夫なの??って思ってしまいます。

 

特に東京はまた同じことの繰り返しになるのだったら怖いですよ。

 

これだけで歩いていて中にはいい加減な人もいるでしょうから

そういう人が感染を広げないか心配ではあるのですが

もう出歩いている以上は感染が広がらない説を信じるしかありません・・・

 

とりあえず2週間後。

 

これで何ともなければ万々歳なのですが。

僕はもちろんですが出歩く事はしません。仕事柄本当に大丈夫になるまでは

出歩かない事にしております。

 

ただ映画は人の少ない日時を選んで見に行く予定です。

さすがに映画館に県外の人はやって来ないでしょうしね。

 

見に行く映画はもちろん「TENET」です。

すでに先週から公開が始まったのでそれぞれのレビューが賛否両論で

やっぱりなーって思ってしまいました。

 

ただレビューの中身は読んでないのでどういう感想かは分からないのですが

見出しの所でいろんな反応がうかがえるのです。

読んでしまうとネタバレになりそうでなるべく読まない方がいいような気もするし

読んでおかないと意味が分からないから読んでおいた方が良いと思ったりもするし

本当に見に行くまで悩んでいますが今の所は読まない方向ではあります。

 

そして、きっと意味が分からず脳みそがグジャグジャ状態で帰ってきてYouTube先生に

いろいろ教えてもらおうと思ったりしております。

考察しているYouTubeも発見しているので。

 

そして、もう一度見に行くか・・・もしくはレンタルで見るかになるでしょうね。

 

難解の小説、森見登美彦氏の「熱帯」を読んでいる時にはめくるページを戻して読んで

を繰り返してしまいましたが映画は戻してみる事が出来ませんからね。

 

テネットですが正直なところ面白くなかったという意見は率直な感想だと思います。

本当に面白いと思えている人がどのぐらいいるのだろうか?

熱帯でもそうだけど、よく分からなかったけど面白かったという本質とは違い

垣間見える面白さと言えば聞こえがいいけど、面白い所を探して無理矢理面白いと

思い込ませているだけではないのか?なんて懐疑的に見ていたりしています。

 

テネットはまだ見てないので見てからこの辺の所は書いていこうとは思いますが

分かったふりをして面白いって言っているわけでもなく、ノーラン作品だからという

事が面白いとさせているのならそれは先入観でしかないし映画の本質ではないと

思ったりします。

 

だけど、きっと本当にこの映画の面白さを理解している人にとってはかなりの感動が

あるのだろうなって思ったりするんですよね。

 

実は僕も熱帯を読んだ時にこれは森見氏やってしまったな・・・

って思ってしまったのです。

だって主人公らしき人が話の途中から出て来なくなるのです。

そして話が進み気が付くとあと50ページで終わり・・・

さらに残り20ページ・・・???って感じですよ。

 

結局パラレルワールドの中で最初の主人公らしき人が出てくるのですが

話の流れとは違いそのままで終わってしまうのです。

 

読後感が最悪ですよね。????????って感じですから。

 

その後、あれこれネットで読者の感想を読んだり、考察をしたりしているHPを観たり

出版記念でトークイベントの内容を読んだりしてようやく腑に落ちる考察が出来る様に

なった時にこの小説が凄いものだと実感したのでした。

 

今もたまに熱帯の感想を書いている人のコメントを読んだりすることがあるのですが

コメントの内容を見ているときっと理解してないのだろうって思ってしまう人が

結構見受けられます。まー、仕方がないかなって思う反面本当のこの本の良さを

知らずに終わってしまうのはもったいないなんて思うのです。

 

熱帯にしろテネットにしろかなり難解のものですが分からないから面白くない

で終わらせたらもったいないのです。

ネット時代ですから調べれば自分の納得のいく答えが見つかるはずです。

その時に初めて本質に触れ面白さを実感できるとイメージが全然変わって来ると

思うのですが。

 

レビューで駄作と言い放っている人は本質を理解しているのだろうか?

映画とは見やすい物でないといけないなんて勝手な事を言うのは間違いではないか

って思ったりしますね。

 

僕も以前は本質は分からなくてもこだわらなければそれなりに面白く見えるって

思っていたタイプだったのですが熱帯を読んで理解しての経験をしてからは

出来るだけ作品の理解度を上げたいなんて思ったりしています。

 

難解映画といえばマトリックスも難解でした。

 

マトリックスはまだいいのですが続編からややこしくなって

最後のレボリューションズは最近見てもネットで解説読んでも解せないところが

あったのですがこのところよく見ているYouTubeのイチゼロシステムの動画で

解説を見ていているとかなり理解が深まりつつあります。

まだ途中までしか見てないので早く続きを観たいのですが・・・

 

きっとその前にテネットの考察の方に入って行くのでしょうが。

 

マトリックスレボリューションズは劇場に見に行ったのですが

一緒に見に行った友達に全然意味不明って言ってしまったのを思い出しました。

率直な感想であれをあの段階で理解できた人は少なかったと思うのです。

 

意味不明って感じで答えましたがあの時の僕のレベルではあの映画をかなり否定的に

言ったのは事実で今書いている事は過去の自分への戒めでもあるのです。

あれから20年、僕も少しは成長したのかもしれませんね。

 

 映画繋がりで、鬼滅の刃劇場版無限列車編のムビチケ買いました。

実はコロナでどうかな?って思って買うの躊躇している間に子供用のチケットが

売り切れになっていたのです。前売りが売り切れってどういう事??

って思ってたのですがようやく子供用も販売されていました。

とりあえず大人用だけでも買っておこうかと思っていたらたまたま売っていたので

買ったのですがこういうのって早く用意しないとって思うのですが。

 

ムビチケを記念にって思っているのか特典何もなかったのに売り切れって・・・

恐るべし鬼滅って思ったのですがどうらや公開で先着特典があるようですね。

煉獄さんの本編で描かれてない話なのだとか

そんなの欲しがるに決まっているじゃないですか・・・

それを先着にするなんて大丈夫なのか??ちょっと心配ですね。

 

PS5も予約で早くも揉めているというのに・・・

 

PS5はアマゾンでかなり悪質な転売ヤー出てしまったようですね。

転売ヤーだけでも非難されるのに一桁多くした値段で売っていたのだとか。

 

定価で買えるって早まった人が良く数字を見ずに買った人が出たのだとか。

まー、これはほぼ詐欺に近いですよね。

Amazonの方もこれはちゃんと対応したようなのですが・・・

Amazonももう少ししっかりした方が良いですよね。

 

 鬼滅の刃無限列車編のコメント欄は優しさに溢れていて愛あるファンだな

なんて思ってしまいました。

もうすぐ公開なわけですが無限列車編を知っている人は??なところがあるのです。

ちょっと明かされてない秘密っていうか・・・僕もネタバレしたくないので

中途半端な書き方になってしまいますがとりあえず書き込みしている人と同じで

無限列車編を知らない人は知らないまま劇場に行った方が良いという事です。

 

ネットって結構意地悪に結末とかネタバレとか自慢げにしたがるのですが

先日読んだ鬼滅のコメント欄は優しさがありました。

 

 

 菅政権が誕生してさてどうなるのか?って感じですが

先日、アベプラにデジタル改革担当大臣の平井さんが出ていました。

なかなか面白かったですよ。

 

ひろゆきもあれこれ話をしていたけど、彼がヒートアップしない事がないのは

ちょっと珍しいなって思いながら見ていました。そこそこ納得している感じ。

突っ込むところもあるのですが世の中いろいろ難しい所はあるものです。

 

 サイボウズの青野社長も出演して彼の方がひろゆきよりも平井大臣に

突っ込んでいましたね。とりあえずマイナンバーカードをやめろと。

いろいろ難しい面が多く、このままやると利便性よりも損ばかりが増えると。

 

ここの所はなかなか難しい問題、大人の事情、政治的事情があるようで大臣も

困った感じでしたね。

 

 青野社長は愛媛出身なのだとか。平井大臣は香川出身。

そりゃー、デジタル庁は四国に作れよって感じですね。

 

ただ香川はインターネット・ゲームの依存症問題で子供のゲーム時間を条例で

決める様な県なのでデジタル庁は愛媛で決まりですね。なわけないか・・・

 

 平井大臣についてはYouTubeひろゆきが肯定的な発言をしていて

さらに菅政権に対しても行革大臣の河野氏とセットで評価していましたね。

 

菅政権ではハリボテの安倍政権がやった誤魔化しを解消して

改革すべきところをしっかりやってほしいなって感じですね。

ただ、一つ懸念してしまうのはコロナ。この対応が上手くいかないと

国民世論が変な方向へ行ってしまいかねないので気を付けてほしいなって思います。

 

スクラップアンドビルドは僕も大好きな言葉なのでとりあえず期待しています。

僕の場合はスクラップアンド放置ですけどね。ただ壊すだけ・・・

 

 

このところ思うのは自民党はネット戦略が上手いという事。

これはいい意味ではなく悪用しているなって感じる意味で。

そう考えると野党っていうか立憲民主党は下手ですね。

っていうかそれをする人も人数もお金も足りないのでしょう。

 

世の中はネット世界になっているのに野党は何のネット対策も感じられないですが

自民党は上手く活用して自己アピールをしています。

それはコメント欄なんかもステルスマーケティング的にやっているのだから

世論まで作り上げていてそこに同調するネトウヨがいてなかなかすごい渦を

作り上げる事に成功しているように思えますね。

 

個人としてはこういう世の中において情報をどう見るかを選別する能力が必要で

なんとなく見ていくうちに意識が偏向していっている事に気付かずにいる人が

増えていくように思えて本当に怖いのです。

 

サラリーマンの人が単身赴任で食事が偏食になり健康を害するように

情報もネットなどに頼る時代になり自分の好みを選んだり、またそういう情報が

より多く出る環境にある事を自覚せず見ていくうちにどんどん考えが偏向して

行くように思うのです。

 

そういう中で世界のリーダーも分断社会を生み出す人が登場し世の中も

よりそういう感じになっているように思うのです。

 

日本では今回の総裁選を見る限り同じ自民党なのになにやら意見が違うだけで

出て行けとか村八分状態を作り上げる行為は怖いものを感じました。

 

自分は正しいって人は当然思うけど、他人の意見も聞いてみようとか

自分とは違う意見も聞いてみようという姿勢は大事だと思うのです。

相容れないところはあってもお互いを理解しようとする事は大事です。

そこに新しい発想も生まれる可能性もあるし方向性に幅が出るはずなのです。

 

特に政治の場合は思いっきり右や左にブレるのは怖いです。

バランスが大事。何事においても。

 

それが今は何事においてもバランスが悪いのです。

好きなものばかりを食べていては健康を害するようにお気に入りの情報しか

取り入れないと頭のつむじは大きく右か左に巻いてしまうのです。

 

今の為政者それを利用しすぎているように思うのです。

 

だから僕たちは好き嫌いを言わずいろんなものを食べていかないといけないのです。

野菜は美味しいから食べるだけじゃなく嫌いでも食べましょうって思いますよ。