一心日記

愛媛・松山にある整体 一心庵の日記です。日々の事、身体の事いろいろと書いてます。

生活のリズム 河野龍太郎 ロボティクス

はー、今朝の主婦業をとりあえず終え久しぶりに少しだけゆっくりできる時間が出来た

のでちょっとブログの更新でもしていこうかとパソコンを開きました。

 

YouTubeでは後藤達也さんの経済番組を流しながら更新していこうかと。

 

それにしても主婦業大変です。今改めて主婦をかなりリスペクトしています。

洗濯物は洗濯機がやってくれるなんて誰が言ったんだ。

干す作業、たたむ作業もあるって事を度外視しているのです。

それ以外でもいろいろあるんですよー、ごみの日とか細かい事を言うときりがない。

そういう事がボディーブローのように時間をすとられ肉体をむしばまれ精神的に

きつくなっていくんですよ。

 

仕事をしながらだとなおさら大変ですよ。それに子育てなんて入るともう爆発って

感じになるでしょうね。

うちの場合は子育てはないけど、介護というのがあるのでこれも大変です。

ってもそれほどでもありませんが。ちょっと心配するだけである程度の事は自分で

出来るので助かりますがトイレにも一応付いていかないといけません。

 

どういうわけか仕事の方も順調過ぎでちょっと自分の限界を少し超えつつある感じと

なってしまっています。

 

ここしばらくウォーキングも出来てないのです。

してないけど十分そのぐらいは体は動かしているので運動という意味では問題ないかと

思っていますがウォーキングは僕にとってはリフレッシュという役割も果たしていた

のでそれが出来てないように思っています。

 

ちょっと何処かで息抜きを考えないといけないのかなって思っているのですが

まー、それもまだ新しい生活に慣れてないだけで新しい生活環境に体もシステム的にも

慣れてくればそれほどの事でもないのかもしれないのですが。

 

少しずつ以前の生活に戻りつつもあるのでとりあえず1か月過ごしてその時に自分が

どのぐらい順応しているか見ていこうかと思っています。

それでいろいろ問題があるようならそれなりにあり方を考えないといけないかなって

思ったりしています。

 

 

先日の会話で生成AIの話をしていて将来的にいろんな職種の仕事がAIに奪われるって

話をしていたのですがもう僕はかれこれかなり前からこの話をしていて昨今巷で話題に

なる前から良く知っていたのですがその会話でこの職種はAIで仕事が奪われないから

大丈夫でしょう?って言われたのでいやいや今やホワイトカラー革命って言われていた

のはもうちょっと前の話。AIとロボティクスでいろんな分野の仕事が奪われるっていう

のが今の話となっています。

 

だから僕達も全然安泰じゃないんですよって話をしたのです。

 

だけど心の中でただニーズの問題があるからより必要性の高い所、儲かる所、需要の

多い所っていう感じでこの職種へロボティクス×AIによる浸食はもう少し先になる

だろうって勝手に思っていたのですが先日のアベプラでアメリカでロボティクス×AI

のマッサージロボットが出来ているのです。

 

うわ~~~って感じですよ。

 

たぶんこの業界もそうなるとあと10年は持たないかもしれないですね。

そう考えるとこの分野は少し淘汰がまだ先だと思っていたので考えを改めないと

いけないっていう事が分かりました。どんどんペースが速くなっていきます。

 

この業界でそうなのだからもっと多くの業界が淘汰される事は間違いなしです。

そうなると資本のある所が勝ち残り資本の少ない所がどんどん淘汰される時代がもう

やって来たって事になると思います。

 

会社勤めの人も早い段階で人減らしにあう事は間違いなしです。

なんとなくニュースでは見ているけどどこか遠くの国の全然関係のない所起きている

ニュースってぐらいでしか見ていないかもしれないけど、X社などIT関連の企業で

大量解雇のニュースが出ているけど、業績悪化とか表向きはいろいろ言っているけど

実際にはこのAIなどで人材がかなり必要なくなっているっていう実情もあるらしい

のです。

 

もうここまで来ているのでだけど今目の前にあるのは人不足とかそんな話がニュースで

流れているわけで僕が今書いている事がおかしな事を言っているように感じるかも

しれないのですが・・・

 

物事は多角的に捉えないといけないので見方によって見える景色が違ったりする

ものです。

 

どちらも合っていて間違っているのです。

 

そういえば円安問題も同じですよ。円安は良いのか悪いのか。

円安を歓迎している経済評論家は円高の時にワーワー騒いでいたメディアが今度は

円安で騒いでいるどっちに転んでも騒いでいるってメディア批判をしているけど

実際はどうなんだろう?って思っていました。

 

高橋洋一という人物はどうなんだろう?彼は素晴らしい人なのか否か?ずっと疑問

でしたがここに来てはっきりしてきたのは彼を信用しない方が良いのじゃないかって

事がここ最近の結論です。

 

今回後藤達也さんのリハックに登場した河野龍太郎氏。

彼の発言はもう僕が思っていた事を全てはっきりさせてくれた人だしもう今回の

リハックは是非見てほしいって思いますよ。

 

河野龍太郎氏は凄いエコノミストのようです。

 

今回の円安は悪い円安と言っていました。

円安が悪いとは言えないのですが今回は悪い円安になっていると言っていました。

それは利上げが出来ていない状態での円安というのが原因だそうです。

 

そして円安は企業有利、円高は国民生活有利働くわけですが今の円安は行き過ぎなのか

経団連さえ喜ばしくないと言っているのだとか。

 

それでも円安で300円でウハウハと言っていた安倍元首相を支持する高橋洋一氏の

発言をどうなのだろうって思っていた僕はこの河野龍太郎氏を支持し彼はやっぱり

如何わしい人だと思うようになりました。

 

いろんな話をされていましたが詳しくは是非動画を見てほしいって思います。

神回ですから。

 

やっぱりロボティクスの事を言っていて淘汰されるって言っていましたよ。

一部の使う側の人以外は。

 

アベプラで人口減少問題を話し合っていて東京に一極集中していてその東京でも

出生率が低いのでもう人口減少に拍車がかかり消滅都市で地方がどんどんヤバくなって

きているって話だったのですが僕は議論とは全然違う発想をしていたのですが実は

この河野氏も僕と同じ発想でした。

 

彼はコロナ禍で世界がリモートワークになった事で何処でも仕事ができる事になった

話をしていました。日本ではアホだからまた出社しているようですが。

 

そこで日本に来てもらうっていうような話をしていました。

まさに僕もそれなのです。

 

犯罪をする低所得者層ではなく高所得者層を呼び込みそれで人口減の歯止めにする

っていうのが僕の理想なのです。

 

インフレの話もしていました。これも僕もここで書いている通りの話をしていて

やっぱり信用のおける人の話は凄く頷けるって感じ思わず拍手をしてしまいました。

 

アメリカの好景気、インフレで賃金も上がって話は高所得者層であって低所得者層は

思ったように賃金が上がってないので結局はそこの乖離が生まれてしまっているって

言う事が凄く問題なのだと言っていました。

 

その中でも日本は非正規雇用の給料は上がっているようなのだけどそれが消費に回って

ないっていう話がありました。

それはセーフティネットがないせいで貯蓄に回していて消費に繋がっていないっていう

事らしいのです。

 

この人の素晴らしいのはいろんな観点から話をされていてエコノミストっていうと

マクロ経済ばかり言う人が結構多いような感じがするけど、基本のきの実体経済

世の中の動きもしっかり把握されているように思います。

 

そしてアメリカなどがすでに陥っている問題を日本も真似をしないような政策を

しないといけないのじゃないかって僕は思っているのです。

 

いや~、この人の本を買って読もうかって思いますよ。

後藤さんも素晴らしいけど、今回の話は本当に良かったです。

 

 

太陽フレアがなにやらかなり凄いのが出ているようです。

なので電波障害が起きる可能性があるようですよ。

気を付けてください。

 

オーロラ見る人はラッキーかもしれないですね。

もしかしたら北海道の北端では見られるかもしれませんね。