一心日記

愛媛・松山にある整体 一心庵の日記です。日々の事、身体の事いろいろと書いてます。

EV 時代考証 沈黙の艦隊

自動車業界の動向が目まぐるしく変わっています。

 

僕はあまり車自体には興味がないのですが業界の流れが凄く動いているのでそれを

見ているのが凄く面白いんですよね。

自動運転技術にEVに自動車業界のテクノロジーの進歩は見ていて面白いです。

 

そして恣意的にパワーバランスを破壊しようとやって来た事が裏目に出たりして

業界の流れは本当に車に興味のない僕が見ていても面白いのです。

 

だけどモータージャーナリストやYouTubeであれこれ言っているコメンテーターの

中には恣意的な情報だろうって感じのものもあって微妙なネタもいっぱいあります。

 

世界がEVの流れになっていたのですがここに来て特に寒い国ではEV人気が激減して

やっぱりハイブリッドってなっているっていう情報がYouTubeでいっぱい出ているの

ですがその中には日本万歳情報の方たちがいて正直困ったものなのです。

 

確かに日本のハイブリッド技術とその戦略は間違ってなかったのですがただEVがダメで

もうこの技術は使われないって訳じゃないのです。

 

現にトヨタも2027年頃にはEVにシフトしていく予定なのです。

だから今はまだハイブリッドだけど次第にEVにはなっていくのです。

にもかかわらずもうEVは終わりだって話をしている人達がいるのが大丈夫かって感じ

なんですよね。

 

要は寒い地域では電費が悪く暖房に使われる部分も大きく寒い地域ではEVは難しい

っていうのが現状なのです。

だけどそれは現状であってEVの将来ではないのです。

 

EVの不人気の原因には充電インフラの問題、走行距離の問題、充電時間の問題などが

あるのですが全個体電池が出るようになるとそれらの問題は解決出来るのです。

それが2027年頃って事なので一つのゲームチェンジャーになると思います。

 

だけど全個体電池の価格は高く、すぐに誰の手にも入るって感じにはならないでしょう

から発売から5年ぐらいはかかるんじゃないかな?一般的に普及するのは。

 

そうなって来る頃には今度はエネルギー革命が起き電気代が劇的に安くなるって

感じになって来ると思うのです。核融合で。

 

核融合技術はいろいろまだ課題が多いのですがこの技術はアメリカ、イギリス、日本

等が力を入れて開発をしているのできっと近い将来実現するものと思っています。

 

なので今の最適解がハイブリッドなのであって決してEVがダメなわけじゃないのです。

今じゃないってだけなのです。

 

自動運転技術もどんどん進化していっているので自動車業界もスマホが登場した携帯

業界と同じような変化の時になるでしょう。

ワクワクが止まりませんね。

 

 

ドラマ「VIVAN」の続編が暗礁に乗り上げているようです。

あれだけ盛り上がっていて続編だーっていってたのに・・・

 

どうやら配信で世界進出を狙っていたのに海外受けが悪かったようです。

日本では大絶賛、海外ではコケたっていう顛末なのだとか。

よく分かりませんね。海外でもウケるって思っていたのですが。

 

やっぱり外国の事は外国人に聞いた方が良いのでしょう。

勝手に日本人が海外にもウケるってなんて思ってそうじゃないって事なのでしょう。

海外ウケが悪かった理由に日本独特の感覚が海外ウケが悪かったように書かれて

いましたがそれならなぜ日本のアニメはウケるのかって思ったりするのです。

 

どう考えても日本の文化丸出しのドラえもんとかありえないでしょう。

畳の部屋に靴を脱いで生活している日本、どら焼きってスイーツ。

謎だらけでしょう。それでもアニメだからって事で許されているのかな?

 

実写になるとリアリティーを求められるのかな?

 

ドラマとか見ていると考察部隊があーでもないこーでもないっていうのは日本でも

よくありがちな事だけど、アニメに考察部隊はあまり出てこないような気がします。

 

そういう意味では歴史ものほど考察部隊が出動する事は無いですよね。

だけど歴史ものって難し過ぎます。

歴史に忠実過ぎると絵的に物語的に面白くなくなったりして考察部隊は出動する事は

なくてもそれ以前にドラマ的に自体がダメになってしまったりする事もあります。

 

歴史ドラマを面白く作るのって難しいんでしょうね。

 

だけど資料が豊富な時代は考察部隊が出動するけど、古い時代になると資料があまり

なくそれほど考察部隊が出動する事はないのかな??

 

今やっている「光る君へ」がかなり面白いです。

ドラマとしても絵的にも面白いです。

時折出てくる平安時代の優雅な衣装など見ていて凄く楽しいです。

 

それとは裏腹に政局争いをしている朝廷や貴族でも落ちぶれ貴族や優雅な貴族と

いろいろあったりと陰と陽があってワクワクします。

 

平安時代ってやっぱり昔なんですよね。

当たり前ですがだけどこの時代の話をすると結構そんな時代だったんだって事が

多いのです。

 

安倍晴明大河ドラマにも出ていて呪詛する話とか出ていますがこういう事が本当に

信じられていた時代ですから。

遷都を繰り返していたのも疫病とかが流行ったからなのですが祟りって感じの事が

言われていて平安京が出来たのその流れだし都は風水で鬼門に神社やお寺をしっかり

配置して守られるように作られていますからね。

 

京都旅行される人はこういうのを勉強していくともう一つ深く京都を知ることが出来て

面白いって思うのですけどね。

 

この時代の人は占いを信じていたのでどこかに出かけるのにも占ったりしていたようで

行きたい場所の方向が悪いと出るとわざわざ違う方向へ出向いてそこから目的地へ

行ったとかそういうのもあるようです。

 

あと有名なのは夜這いですよね。この時代はそういうのが普通だったとか。

 

お風呂もなかなか入れないのでお香を焚いて体臭を誤魔化していたとか。

 

この時代ではないのですが日本最大のミステリーと言われているのが歴史のない時代が

存在しているのです。

日本には文字がなかったため独自の文献がなかった時代があります。

その時代の話は歴史でも勉強する「魏志倭人伝」などのように中国の文献に倭の事が

書かれている事で日本の歴史となっているのです。

 

それが「空白の四世紀」と呼ばれる何の文献も存在しない時代があるのです。

 

だからこそミステリーとなってあれこれ言われていたりします。

なので今時代は物語にするならフィクションで書いても誰も考察する事も出来ません。

やりたい放題ですよ。

 

意外と皆同じ事を考えているんだなって思ったのが大河ドラマで凄く評判になっている

のが黒木華らしいのです。実は僕も彼女の平安時代美人が凄く似合っているなって

思っていたのです。

 

この当時の美人はおたふくなやつですから。

大河の黒木華を見ているとそんな感じなんですよね。見ていてずっとそう思っていたら

ネット記事でも凄く似合っているって出ているのです。

 

今の時代、おたふくなんて美人じゃないって感じですが黒木華は美人だから上手く融合

した感じだなって思うのです。

 

平安時代にも令和の時代にも通ずる美人なのでしょう。

 

 

続編が暗礁に乗り上げた「VIVAN」とは対照的に続編が早くも決定したドラマが

AmazonPrimeVideoの「沈黙の艦隊」です。

 

主演が大沢たかお、彼の演技は凄いですよ。凄く似合っているのです。

キングダムでも沈黙の艦隊でも圧倒的な演技力を発揮しています。

 

AmazonPrimeVideoはかなり失敗続きでリストラの嵐って出ているけど、このドラマは

当たりのようです。アニメ原作の実写化は難しいっては言われるけど、海外向けに

作るにはこっちの方が当たりやすいのかもしれませんね。

 

その代わり原作により忠実に作らないとダメでしょうけど。

 

映画化された時に見に行こうかと思っていたのだけどレビューを読んで中途半端な

終わり方でかなり不評だったようなので見に行くのやめてAmazonPrimeVideoでアニメ

の方を見たんですよね。

 

それからの今回の実写ドラマとなっています。

なのでストーリー自体は大体知っているんです。

 

ちなみに僕は沈黙の艦隊よりもジパングの方が好きなんですけどね。

ジパングイージス艦第二次世界大戦ミッドウェイ海戦タイムリープして

現代の武器で日米の間に入って奮闘する感じなのですが・・・いろいろとあるのです。

 

沈黙の艦隊は今現在の日本にとってはかなり重要なテーマとなっています。

もしトラが現実になろうとしている事を考えるとそうじゃなくても日本が真の独立を

考える意味でもアメリカとの付き合い方をちゃんと考える必要があるし、日本が自立

する意味でも何をしないといけないのかが分かるような気がするのです。

 

どちらのアニメも日本は平和主義を貫くという事を前提にして何をすべきかが書かれて

いて戦争賛美ではないのですが平和ボケもダメだしその中で日本がどうあるべきかが

分かるような気がします。

 

そういう意味でも今こそ刺さる作品って感じでもあります。

 

だけど日本のテレビでは予算の問題とかあってこういうドラマってなかなか作られない

って感じですがサブスク動画などは予算があるのでこういう作品が作れやすいって

感じがします。

 

VIVANで失敗に終わったので予算をかけたドラマ作りがテレビ局では難しくなってくる

可能性があるとしたら残念で仕方がないです。

 

映画ではゴジラが凄く評判が良い様なのでテレビドラマの世界もスケールの大きな

ドラマが今後も作られると良いのですけどね。

 

だけど世界を視野にするのならやっぱり相手の事も知らないとダメですよね。

そう考えるとVIVANのスタッフがどういう感じだったのかは知りたいところですね。

 

あれだけ面白いって思っていたVIVANが世界で不評だったっていうのはかなり衝撃的な

ニュースだったのでドラマ好き人間としてはかなりショックなわけですがなんとか

リベンジをして世界にウケるようなスケールの大きな作品を作ってほしいって思う

のですがこのまま委縮してしまうと怖いです。

 

もうテレビ局はメディアの体を成していないので生き残る道はコンテンツ産業だって

分かっているからこそTBSはそこに賭けたのだと思うのです。

だから一度の失敗でひるむことなく挑戦してほしいって思います。

 

南海トラフ大地震 新ビジネス 支持率

最近、興味を持っているのが南海トラフ地震の事です。

 

というのも来院の方が南海トラフ地震の話をしていてどこでどう間違ってそうなった

のか分からないのですが日本の人口の半分が南海トラフ地震で亡くなるっていうので

そんなはずはないでしょうってって言った手前ちゃんと調べてみようって思ったの

でした。その後また違う方と施術中に南海トラフの話になって僕の無知で全然勘違いを

していた事があったのでまた気になって調べてみる事に。

 

そんな感じでちょっと最近気になってYouTube先生に教えてもらっています。

 

まずは絶対にないなって思っていた日本の人口の半分が南海トラフで亡くなるって話は

ガセでした。そんなはずはないだろうって思いますよね。

 

確かに東日本大震災よりもはるかに大きな規模になったとしても人口の半分もが

亡くなるって・・・戦争でもどんな災害でも日本の人口の半分もが亡くなるってかなり

凄い事なんですけどね。

 

くるくる詐欺でそんな南海トラフ地震って来るか来ないか分からないって話では

ないって事なんですよね。

 

これはデータでちゃんと出ていてまず間違いなく来る地震なんだそうです。

大体90年から150年周期で地震が来ていて前回の地震が少し規模が小さかった事、

大体3回に1回の具合で超巨大地震になっている事で次回の南海トラフ地震はかなりの

規模の大地震になると言う事なのだそうです。

 

規模というのは震度がより大きな地震っていうよりかは南海、東南海、東海の3つの

地震が連動して起きるのではないかって言われているようです。

そうなると次回に起きる南海トラフ地震では東は東京、西は九州まで被害が及ぶ

らしくしかもそれが東京、愛知、大阪と日本の大都市も含んだ災害になるのだという

事らしいのです。

 

それで愛媛はっていうと僕は南海トラフはプレートの歪みで起きる地震だから津波

心配のある地域と震源の近い地域が被害が酷く愛媛はそれほどでもないのじゃないか

って思っていたらそれが松山でも震度6弱が予想されているようです。

 

津波の心配はこの近辺では松前、三津、垣生などがちょっと心配だそうです。

僕の住んでいる所はどうやら津波の心配はなさそうです。

 

ただ気をつけないといけないのが液状化ですよ。

川の近くだからきっと液状化はあり得ますよね。

 

松山市ハザードマップでは液状化のリスクのある地域になっていました。

っても多くの地域がそうなっていますが。

それでもかなりヤバいのは垣生辺りの所は液状化のリスクが一番厳しい感じになって

いました。

 

我が家も老朽化している上に耐震補強されてないだろうからきっと倒壊の恐れがある

のじゃないかって思いますよ。

そう考えるとこの家にいつまで住む?って感じですよ。

 

いくら丈夫な地震に耐えられる家を建てても土地が液状化したらどうしようもないって

ものでしょう。

 

いろいろと真剣に考えないといけないって思います。

 

じゃー、いつ来るの?って話なのですが2030年から2040年の間に来る可能性がかなり

高いって話のようです。

過去の地震の流れを見ていくと2035年に来るのじゃないかって事のようで前後5年の

誤差を見込んでこの10年の間に来るのじゃないかって事のようです。

 

って考えるともう少しで来るって事なのです。

呑気にしていては駄目ですね。

 

そして南海トラフで終わりかっていうとこの大地震が誘発して断層の地震も起きる

可能性もあるのだとか。そうなると何処でどんな地震が起きてもおかしくないって話に

なるって事らしいです。

 

もう海外に逃げるしか地震から逃れられないって感じなのかもしれませんね。

 

被害総額は220兆円らしいです。もう数億円の裏金の話が馬鹿らしくなるような

規模です。っていうかつまらないことしてないでちゃんと国の将来の事を考えろよって

感じですが。

 

被害総額220兆円。これは逆に考えると仕事が増えるって事なのかもしれませんよ。

何でもポジティブシンキングなので。

 

日本の戦後の経済成長は戦争があった事も一因らしいのです。

それは焼け野原になってそこから元のポテンシャルの所へ戻していくって作業になる

のでそうなるといろんな仕事が生まれるって事になりますよね。

 

そう考えると大地震の後は仕事がどんどん生まれてきそうな感じもします。

だけどそうするだけの力が日本にあるのかって話でもありますが。

お金を持っていてももしかしたらその地震で日本がデフォルトしてしまうような事が

起きてしまったらどうしようもないのでお金じゃなく金属の方の金にでも替えておいた

方が良いのかもしれませんね。

 

恐ろしい想像としては日本の地震に乗じて中国が攻めてくるって事でしょう。

これは最悪のシナリオですよ。そう言う事をする国でしょうからありえない話でもない

って感じがします。

 

南海トラフは来るかもしれない来ないかもしれない地震じゃなく確実に来る地震

それがもうすぐそこまで来ている地震なのです。

 

僕もつい先日までボーっと生きていたのですがこれからはどうすべきかを真剣に考えて

行動に移していこうって思っています。

 

 

コオロギ食の会社が破綻したようです。

そりゃそうだろうって感じですよ。

あんなもの食べたい人なんているものかって感じです。

 

本当に食べるものがなくなったらそれでも食べるのかもしれないけどまだまだ今の所

そんな感じでもないのだからっ来るか来ないかも分からない先の未来の事を考えて

今商売化しようとするのは商売としては間違っていますよ。

 

将来の為の研究というのなら分かるのですが・・・

 

正直な所、こういうビジネスって慈善事業っていうよりもハイエナ的な話題に

飛びついて失敗したパターンだと思うのです。

 

環境ビジネスも同じでしょう。

不安を煽りそれで商売しようって魂胆が強いように思えてなりません。

 

だけど商売とは難しいものです。

成功していたり儲けていたりするの見ていると凄いなって思うのですがその影で多くの

失敗が至る所にあるのですから。

 

そう簡単なものではないって事なのでしょうね。

 

儲かる商売も儲かるって分かれば飛びつく人が増えてブルーオーシャンから

レッドオーシャンにすぐに変わってしまいますから・・・

 

そんな整体の仕事も今はもうレッドオーシャンですから。

 

そう考えたらサラリーマンが一番良いかなって思っていると今後はどんどん首切りが

発生していくでしょうから本当に厳しい世の中が待っていますよ。

 

そうじゃない世の中にするためにも政治が変わらないといけないって思います。

失業しても安心して暮らせる社会を作らないと本当に大変な事になると思うのです。

 

まー、その時代が来る前にきっと南海トラフが来るので仕事にあぶれて大変な事よりも

日本時代が大変になって仕事自体は沢山あるのでしょうね。

 

もちろん肉体労働ですが。仕事があるだけマシってやつですよ。

 

商売っていろんな事があるし一攫千金を狙って面白い商売をしている人がいるのですが

ガイアの夜明けみたいな感じの企業。

コオロギに続いてチョウザメの養殖業者も倒産したって出ていました。

 

キャビアって食べた事はあるけど、それほど思入れもなく儲かればいいかなってぐらい

で養殖業者をテレビが取り上げていたのは見ていたのですがそこも倒産したとか。

こちらはコロナ禍の問題もあったようです。

 

コロナの影響でいろんな企業が倒産していっています。

先日、テレビで自民党議員がゾンビ企業が淘汰される事は良い事だと言っていて

僕もずっとここでもそう言っていたのでそれはそうだなって思っているのです。

 

そう考えるとコロナで補助金出すなんてアホな事を何でしたんだろうって思うのです。

余分なお金を出しただけですよ。それならその分を国民に分けた方が良かったって

思うのですが。

 

どのみち今後、こうやってゾンビ企業が淘汰され企業が正当な利益を上げられるように

なってくればおのずと社員の賃金が上がりそうする事によって国民所得が上がると

良いなって思うのですけどね。

 

もう自民党が過去にやって来た常勝軍団のサイクルは崩壊しているので真面目に

政治をやって日本を復活させてほしいものです。

 

 

先日、施術中の会話で自民党の支持率の話になってその人は支持率が25%ぐらいある

って話だったのです。そのぐらい下がっているのだから自民党は厳しいって話をされて

いたので僕はだけど野党の立憲は一桁台でしょうっていくら自民党が支持率を下げても

勝てるはずがないって言っていたのです。

 

するとなんと自民党の支持率がとある調査で16%だったのだとか。立憲の支持率も

16%・・・並んでいる。そんな事ある?

自民党が下げるのは分かるのですが立憲の支持率が上がるのも相対的な部分であって

こういうので上がるっていうのもなんだかなーって感じがします。

 

だけど自民党も断末魔って感じです。

だけど岸田首相で良かったって思いますよ。彼じゃなきゃ力づくでねじ伏せてメディア

含めて誤魔化していたかもしれないですからね。

 

そこまでの力もない人だったおかげでちゃんとした事が出ているのだろうって思うと

岸田首相で良かったって思うわけです。

 

だけど早く選挙でもして退陣してほしいものです。

だけど立憲に移るともっと不安ですけどね。ちゃんと改革してほしいですよ。

 

もし政権交代したらまずは政治改革と選挙制度の改革はした方が良いでしょう。

経済に関してはきっとダメでしょうから。よく言われる政府は大人しくしていろって

感じで良いのかもしれませんね。

 

今度選挙の時にはある意味、裏金問題と統一教会問題でそういう繋がりをもって

選挙に勝っていた所があったのでそれが使えないって事になり、今の逆風も手伝えば

もうどうしようもないって感じですよね。

 

ウルトラCとしてはもう維新にすり寄るぐらいしかないのじゃないかなって思います。

もとより維新は政権を取りたいだけだし、もともと立憲と組むよりも自民と組みたい

はずなのだからそうすればきっと上手くいくはずっておもうのじゃないかな?

 

立憲と維新が組んで政権取ったとしても水と油のような政党だから同じ目的としては

政権奪取だけでもう南北朝時代になるだけでしょう。

 

それにしても今回の裏金問題もちゃんと収まるところに収まるようにすればいいのに

何故にそれをしないのかそれがよく分からないのです。

 

松ちゃん問題然りですが結局は分からない所でやっている事はバレない限りはあくまで

想像の域を出ない話となり無罪なのです。

だけどそれが出来るルールを作ってやっているのだから政治家の裏金問題は闇が深い

って思うのです。

 

何度もここで書きますがジャンケンで相手にパーは出すなってルールを作ると負ける

事は無くなるのです。政治家はある意味こういう意味では裏金作り放題になっている

ルールがある事が問題なのです。そしてそれが今回発覚したかと思ったら言い訳ばかり

していて政治不信を招くばかり。

 

その中でも修正申告をしないといけないパターンがあるのにそれすらしないってなると

今現在やっている確定申告で不満が爆発するのは当然ですよ。

っていうか不正経理ならばそれなりのお咎めが欲しい所です。

 

僕もようやく確定申告の作成が終わりあとは提出するのみとなりました。

毎年この時期は肩が凝るのです。

昨年から減価償却費で車の償却をやっていたので今年も続いてやっているのだけど

昨年は修正で提出しましたからね。

 

この苦労を考えると本当に自民党には腹立たしく思えてきます。

 

南海トラフで消えてなくなればいいのに・・・

 

歴史 言葉 椿祭り

甥っ子に歴史の勉強を教えているのですが所々で考えてしまう事があるのです。

 

僕が知っている歴史を教えるべきではなく学校で教わる歴史を教えないといけないって

事なんですよね。

 

僕が中学時代に勉強した歴史と今の歴史は違うし、また今の教科書で習う歴史と

新しい捉え方がされている歴史なんかもあったりします。

 

田沼意次井伊直弼徳川綱吉など学校で習う彼らはダメな人物って感じなわけですが

実際にはそうではなかったって感じの話があるのです。

それを甥っ子に教えるべきかどうか・・・悩むところですがそれは教えない事にして

います。それはややこしくなるからです。

 

先日もYouTubeホリエモンの番組に歴史に関する書籍を出している歴史の専門家では

ない人があれこれ言っているのを聞いてなるほどなって思ったのです。

 

日本の歴史学者ってどうやら縦割れになっていて〇〇時代の学者って感じで時代時代の

専門学者がいるようなのです。歴史って連続性があるのでその時代だけで見てしまうと

真実がねじ曲がってしまうらしいのです。

 

歴史学者は文献を大事にしていてその時代に残った文献を忠実に反映させているらしい

のですがその文献自体の信憑性に関しては歴史の連続性をみてみないと分からない所が

あるらしいのです。

 

そういえば十八史略でも書かれていましたがその時代の歴史を公式に書くのは次の時代

のトップがそういう部署の人間に書かせるのです。

そうなるとその歴史書は自分の上司に当たるその国のトップを悪くは書かないもの

らしいのです。

 

このくだりが出てきたのが確か「死せる孔明、生ける仲達を走らす」の時だったと

認識しています。

 

三国志演義では劉備玄徳、諸葛孔明を主人公にした物語なので孔明の知略が最後まで

司馬懿を凌駕していたって感じでしたが歴史書では三国時代の後は晋でその国を作った

のが司馬懿一族だったため「死せる孔明、生ける仲達を走らす」はその当時司馬懿

使えていた魏のトップ曹家に彼の才能が凄すぎる為乗っ取られる事を恐れ閑職にして

いた経緯があり、その為司馬懿が自分の才能を低く見せるために演じた芝居だったと

なっているようなのです。

 

なので歴史書も忖度ありって事なので信憑性という意味では絶対ではないのです。

 

残っている文献の信憑性という意味では本当にしっかり検証しないといくらその時代の

文献と言ってもそれが正しいかは分からないものなのです。

 

今の時代に置き換えて考えてみると今話題の政治の問題でもそうですが自民党の悪口を

いっぱい書いている新聞が文献として残ればこの時代の自民党は裏金や官房機密費を

悪用して悪い事をしていたってなるわけだし、はたまた擁護するような事を書いてある

新聞が残れば自民党は良い政治をしていたってなるのでしょう。

 

3年間で3000万円以上もの書籍を買っている読書家のスーパー政治家がいたなんて

将来的にはそんな勤勉な政治家として名前が残るって事もあるのでしょうか?

 

物事は一義的に見ていては本質はみえなくなりがちです。

今起きている事でもそうですがそれが歴史となるともっと全体像を見渡していかないと

真実は分からなくなってしまいますよね。

 

歴史を考察するのはもちろんですが今生きているこの瞬間も一義的に見るのではなく

いろんな角度からいろんな思考をもって考える必要があるのだと痛感しています。

 

 

アベマPrimeで面白いテーマを扱っていました。

 

若者の言葉知らない問題です。

だけどこれは世代間ギャップでもあるのですが・・・

それにしても知らなさすぎるって感じの事もあるし世代間なのかな?ってのもあるし

個人の能力の問題っていうのもあります。

 

代表的な例として「12時弱」っていうをやっていて正直?でした。

何処に間違える様相があるの?って思いながら見ていると12時弱が12時過ぎって思って

いる人がいるらしいのです。これには驚きでした。

 

その流れでパックンが反論でだけど震度5弱っていうのがあるじゃないですかって。

震度5弱は震度5.2とかそんな感じのイメージじゃないですかっていう話になって

それは違うって震度5弱は数値的に言うと震度4.5~震度5の間らしいのです。

 

その場にいたコメンテーター達は分かっている人もいたのかもしれないけどネットで

調べて答えていたようですがパックだけが知らなかったような感じになっていたけど

僕も正直なところ震度5弱は震度5.2とかそんなイメージでした。

 

僕も正直な所年齢を重ねてきて使うような言葉もあってこの歳になってあの言葉の

意味を知ったなんて言うのもありますからね。

その積み重ねである程度の言葉を知った事もあるわけですがものの例えの様な言葉で

本当に意味の分からない例えをする人もいて会社員時代に困った記憶があります。

それほど影響的に重要ではなく雑談的な話だったので笑ってごまかしたりして

いましたがあれは本当に困りました。

 

だけど社会人としてある程度当たり前だろうっていう言葉は理解しておかないと

さっきの時間の弱で間違えると時間のルーズな人になってしまいかねないですからね。

約束の時間に遅れる奴ってなりますから。

 

CMでもお客さんとのやり取りで上司は呼び捨てでも良いからと教わり電話対応で

上司に繋ぐ時に呼び捨てで上司に繋ぐっていう奴があるのですがあのCMを初めて

見た時には吹き出しそうになりましたからね。

 

僕も今、それでイライラする事があって本当にその人の能力値を考えてしまうのですが

当の本人は自分はいたって正常って思っているのでつける薬がないのです。

 

言葉だけじゃなく自分の置かれている立場を理解できない人っているんですよね。

自分のポジションが分かっていると何処まで出ていったらいいのかここは抑えた方が

良いのかとか理解出るのですがそれ出来ない人は正直言って連携が取りづらく責任を

負えないはずなのにそういう所まででしゃばるのです。

 

挙句の果てに手に負えなくなって投げ出す。その処理をこちらがしないといけなくなる

って感じで本当に迷惑なんですよね。

 

それを指摘すると逆ギレする・・・始末が悪いです。

以前、会社勤めをしていた時にやる気はあるのだけどそんな感じの子がいて本当に

困ったものでした。

 

そういう子に限って自分は出来る人間、自分のやっている事は正しいってなって

人の助言を聞こうともしないのです。

 

だから周りからの評価が低く、不当評価を受けているって勘違いをして負のスパイラル

に陥るのです。人の助言も聞かないのだからそのうち助言もされなくなりそのまま

都落ちをしてしまうのです。

 

あっ言ってしまった。都落ちってきっとこの言葉も意味が分からない人もいるのかも。

 

そういえば間違いガチな言葉に「敵に塩を送る」ってやつです。

嫌な奴に意地悪をするってイメージが昔あったのです。

今でもそう思っている人いるんじゃないかな?今度リサーチしてみよう。

 

敵に塩ってあれは武田信玄が自分の所の領地が不作で困っていた時に敵であった

上杉謙信が敵でも困っている時は助けるとお塩を送ったって話なのです。

 

いがみ合っていても困った時には助けるって意味なのです。

 

だけど言葉の間違いもそうだけど、いろいろな事を知るっていうのは知識としてだけ

じゃなく人生においてもかなり役に立つことは多いって思うのです。

 

いろんな事を知る事で物事の考えようも変わってきます。

自分の人生で知りえる事っていうのは本当の一部です。

それを書物などを読む事によって補うことが出来るのですから。

 

映画やドラマでも見ていると最近のものは本当に深い心理やいろんな角度からの物事を

描いていたりするので昔の水戸黄門の様な勧善懲悪じゃないので思考が多角的になり

一義的なものの考え方ではなくなってきますよね。

 

そう考えると思慮深くなれるっていうものです。

 

人間は畜生ではないので感情的にならずに物事をしっかり捉え正しく判断していく事が

本当に重要だと感じる今日この頃なのです。

 

そう考えると言葉の意味をちゃんと理解する事も大事なんだろうなって思います。

だけど僕もそうだったように今も知らない事も多いのですが徐々にそういうのを若い

人達は身に付けていけば良いように思いますね。

 

だけど情報のアップデートをする気もない人はダメな人ってなるでしょう。

 

これからは言葉の時代なんですけどね。

 

 

椿祭りが始まりました。

 

さっそくお昼にウォーキングを兼ねて行ってきました。

椿祭りの出店を見るのは本当に楽しいです。

 

それらを見ていると出店も時代とともに変わるのです。

それらをチェックするのが楽しいのです。

数年前のコロナ禍の時に屋台が鬼滅の刃が多く出ていたのですがネット記事でもよく

見かけていてそれがきっかけで鬼滅の刃のアニメを見たのです。

それがきっかけでアニメを見るようになりましたから。

 

それにしても出店の数がすっかり減りましたよ。

僕が子供の頃は33号線までぎっしりで店が出ていて参道に収まりきらない出店が

33号線まで出ていましたから。

 

それが今は33号線付近はガラガラですよ。昨年よりも少なくなっているように感じ

ています。なんだか寂しい感じがします。

 

今年のニューフェイスの出店は何かあったような気がするのですが思い出せません。

一つだけあったような気がするのですが。

 

昨年は10円パンってやつが初お目見えだったように思います。

 

子供の頃からあった出店はイカ焼き、たこ焼き、りんご飴、綿菓子、東京ケーキとかが

主な出店だったように思います。あとはお面とかかな。

 

今年は従来のアニメの絵柄の綿菓子はなかったように思います。

あれがね無茶苦茶な値段で売っているのですよ。誰が買うんだってぐらいの値段で。

 

その後唐揚げ、フライドポテトなんかが出てきて定着したように思うのですが唐揚げは

今も人気でお店の数も結構ありました。

 

その後、クレープやチョコバナナなんかが出てきたのかな?

 

少し前から見かけるのが33号線の近くに毎年出ているのが梅が枝餅です。

ここは太宰府じゃないよって言いたい感じですがあれ美味しいのです。

思わず買いそうになるのですが踏みとどまって買っておりません。

 

今日は大判焼きかたい焼きを買おうって思っていたのですが忘れてしまいました。

結局は毎年買っている東京ケーキだけを買って帰りました。

いつも行列の所で。

 

いろいろと感慨深げに歩いているとあっという間の時間なのです。

 

明日あさっては土日なのでかなりの人混みになるでしょうね。

賑わってほしいものです。

 

情報 希望 一致 

今話題のもしトラ。

 

ドラッカーじゃないですよ。トランプです。

トランプが女子高生になる話でもないです。

 

トランプがもし大統領になったらっていう「もしトラ」が話題となっています。

トランプが大統領になる可能性がどんどん高くなっているものだから日本のメディアも

戦々恐々で連日、トランプ関連の報道が出ています。

 

っていうかアメリカ大統領選は同盟国の日本にとっても重要な上にそれの候補で

当選の確率がどんどん上がっている人物が日本にとってもかなり厄介な人物である

トランプっていうのだから今からこの先が思いやられるって感じですよ。

 

そういう気持ちが政府、メディア、国民全てにおいて暗雲が垂れ込めているって感じが

するのでそんな感じでニュースが流れていますよね。

 

だけどバイデンもバイデンでいかがなものかって所もあるしでトランプよりかはマシか

ってぐらいで・・・超大国アメリカ様の大統領がこんな候補しかいないのかって

思うと何処の国も人材不足なのかな?って思えてなりません。

 

いつも好きで見ているYouTubeの番組、ReHacQというのがあるのですがこの番組では

特に海外の大学で活躍する日本人の研究者を取り上げることが多いのです。

 

それで今やテレビに引っ張りだこになっている人がかなりいます。

一番はやっぱりなんといっても成田先生でしょうがそれ以外にもマルクス主義者の

斉藤先生なんかもテレビに出ています。

 

いろんな先生がこの番組に出ているのですが僕のお好みな感じの人が出るとこの人

当たりだなって感じになるのですが久しぶりにスマッシュヒットな先生が出ていて

かなり笑えました。

 

話している内容はかなりディープで衝撃的な事にも関わらず30代の女性でお固くなく

そこら辺の友達と話をしているような感じで気楽に語っているので内容との落差が

激しく厳しめの内容にもかかわらず笑えてしまうのです。

 

でも目からうろこでそうなんだーって感じ情報が満載でした。

 

何処ぞの国際政治学者とは違ってちゃんと研究して情報を持っていて面白い話が

いろいろ聞けました。

 

台湾総統選の話などをやっていたのですがテレビでは絶対に聞けない話が満載で

これはいろんな人が見た方が良いんだけどっていう感じでした。

 

台湾にしろ中国にしろ日本で流れている情報っていうのが独自の情報がなくほとんどが

アメリカ経由で流れているアメリカの色に染まった情報となっているようなのです。

 

台湾と中国が一触即発なんていうのも実はアメリカ色の情報なんだとか。

台湾ではそんな気がさらさらないって感じのようです。

 

その女性の研究者が一番恐れているのは日本がダチョウ倶楽部にならないかって言う

事だと言っていました。

 

中国と戦争するってなった時に台湾が手をあげて、アメリカが手をあげたら日本も手を

上げざるを得なくなって仕方なく手を挙げると台湾とアメリカがどうぞうどうぞうって

逃げるパターンがあるのじゃないかっていうのです。

 

要は独自の情報がなく右傾化した日本のそちら系の人達が政治にメディアに力を発揮

して暴走すればそんな事になりかねないなって思ったりするのです。

 

危機管理にしても全然なってないって話もしていました。

それは僕も常日頃言っている事で本当に戦争にでもなるって想定するなら国土も何にも

なしでは済まないわけでそれにも関わらず何の防備もないのですから。

 

シェルター一つないですからね。

 

そのくせJアラートなんかだけ鳴らしてあれじゃー頭隠して尻隠さずって感じで

どうしようもないですよ。平和ボケしているとしか言いようがないですよ。

危機だけ煽って何にもしないのだから。

 

結局は政府はアメリカ様への献上するための予算を国民を脅してアメリカのつまらない

イージスアショアなんかを買おうってしたりして・・・

 

本当に必要な武器や必要な防備はしっかりやらないといけない訳で防衛費の予算も

引き上げる必要はあるのです。だけどそれがどうも真面な方向へ向かってないのだから

そうなると予算を引き上げてもどうなのって感じになってしまいます。

 

悪循環って感じですよ。

こんな平和ボケで有事になんともなりませんよ。

だけど台湾はもっと平和ボケしているらしいですが・・・そんな感じらしいです。

 

まー、地上波のテレビではこんな話は聞けませんけどね。

先日見た回は本当に神回でしたよ。

きっと彼女はそのうち地上波でも見ることになるんじゃないかって思いますよ。

 

愛嬌あるしテレビ受けしそうです。

 

話題はまた日本とアメリカの関係に。

トランプ云々じゃなく日本はうまくアメリカと付き合う必要があると思います。

 

トランプは全てにおいてディールだというのです。

それならば日本もディールで対抗するしかないのです。

そうするにはやっぱり日本にもそれなりに強みがないとダメですよね。

 

特に国防って観点ではアメリカの依存度が高すぎるのだからやっぱり武器の開発やら

製造やらもどんどんやっていく方向に向かって行くしかないって思うのです。

 

ある意味、そう考えるとトランプによって日本は目覚める時が来るのかもって

思ったりもします。その転換点なのかもしれませんね。

そうする事によって交渉できる日本を作っていかないといけないって思うのです。

 

そうじゃなきゃまたアメリカ様につまらない武器を押し付けられる結果になるような

気がしてなりません。

 

書いていると誤解されそうですが戦争肯定派じゃないですよ。

よく左側の人がこういう事を言うとすぐに戦争肯定派のように言われるけど、やっぱり

抑止力なのです。これは大事だしそれに交渉にも有利に働くはずなのです。

 

早くもトランプはEUにアホな事言っているぐらいですから。

 

もしトラが現実味を帯びている現在を考えると一刻も早く日本としてやっていかないと

いけない事ってたくさんあるって思うのです。

だけどこれよりも前にしっかりとした情報を独自で取得できる事が大事だと思うのです

がどうもそれが出来ない日本。

 

そうなると確かな判断も出来ない国って事になってしまうのです。

 

政府もメディアも頓珍漢だとそこからしか情報が得ることが出来ない国民も頓珍漢に

なるのは当然でお隣の国の様に確かな情報が入りにくいって言われる国とそう

変わらないって事になってしまいます。

 

考えようによってはお隣の国はそういう国だって分かっているから良いのですが日本は

違うって思っている日本の方がちょっとヤバいのかもしれませんね。

 

 

球春到来でプロ野球もキャンプインして野球関連の情報もどんどん出てきています。

毎年書いていますがこの時期が一番幸せなのです。夢あふれて。

 

きっと何処の球団のファンも今年の注目選手っていう新しい戦力を見出して喜ぶのが

今の時期なのです。

それがオープン戦が始まり、開幕する頃には現実が付きつけられたりして・・・

 

そんな事もありますが期待した選手が勿論活躍する事もあるのです。

それが本当に楽しみです。

 

昨シーズン新体制に替わったカープ。今年はさらに新しいカープに生まれ変わりつつ

あるようなキャンプインとなりました。

 

今の時点では新しい戦力で気になる選手多くいます。

 

まずは斉藤投手でしょう。昨年ドラ1で入って注目をしていてブレイクの片鱗があって

今年のキャンプでもやっぱり注目されています。

まだ粗削りながらそれでも今年はどこかでデビューするんじゃないかって思うのです。

 

そして西川の人的補償で入って来た斉藤投手と同い年の日高投手。

2軍行きとなったけど、キャンプではかなり良かったので何故?って感じです。

っていうかきっと序列の問題なのでしょうが今の所良い投手が多過ぎって感じで

外様で2年目って事での判断なのかもしれませんね。

 

やっぱり期待度ナンバー1はドラ1の常広選手でしょうね。

 

あとは数年前のドラ1の黒原がどうやら良いらしい・・・

僕としては懐疑的なのですが・・・どうなんだろう??

オープン戦の結果次第じゃないかって思います。まだ信用していません。

 

キャンプで気になった選手が数名います。

坂田投手。ナックルボーラーです。制球が出来なくて2軍でも全然だったのですが

どうやら良い感じになって来ているようなのです。夢があります。楽しみです。

ずっと期待していたのです。開花すると嬉しいです。

 

塹江投手。左で150キロオーバーの投手だからずっと期待していたのですがなんだ

かんだで期待外れ・・・だけど投球フォームが変わった事で今年はやりそうな予感。

楽しみです。

 

昨年の新人の益田。彼も腕を少し下げての投球に変化。これがどうなるかって感じ。

 

今の所の先発候補は九里、森下、大瀬良、床田、森、新外国人が6枚って感じだと

思うのですがそこへ黒原、常広が入ってくるって事になると8/6で争う事に。

次点としてそこに遠藤、玉村が入って来るので10/6って事になると4枚余ります。

またどこかの時点で斎藤君、日高君が入って来ると12/6で2つのローテが組めるほどの

先発投手陣って事になるのです。

 

かなり強力な先発投手陣って事になります。

シーズン皆が好調で怪我がなくって事はあり得ないのでこのぐらいの候補がいても

それでも足りなくなる事もあるのでこのぐらい居てちょうど良いのでしょうね。

 

後ろも矢崎、島内、栗林の3枚がいて大道、中崎、益田が続く感じかな。

それにケムナとかどうなんだろう?左がいないので森浦、塹江、新外国人などになる

けど不安定要素が高いですが森浦には期待しています。

これに新人の高太一が活躍してくれればうれしいですけどね。

左が弱いようで先発に余裕があれば玉村を中継ぎに持ってこれたらいいのですが。

適性の問題もあるから。

 

これ以外にも投手は内間、アドゥア、野村、小林、コルニエル、坂田など面白い

投手が沢山いるのだから本当にカープも投手王国って感じです。

 

野手の方は新戦力としては久保、中村貴、田村の3人には期待したいところです。

新戦力って言っていいのか分からないけど末包、中村健人にも期待したい。

復活っていうか昨年なりを潜めていた宇草も期待したいところです。

 

あとは夢としては矢野の打撃が開眼する事って感じでしょうか。

中村奨成はもしかしたら頑張るかもしれないけど応援しません。

内野手では二俣君には期待しています。

 

そんな感じでしょうか。

 

って事でオーダーを考えてみます。

 

どうやら秋山は開幕に間に合うような話です。

 

外野手は野間、秋山、末包、田村の4人のうち3人が基本路線でその中で宇草、中村貴

などが続く感じでしょうか。

内野手はセカンド菊池、ショート小園が基本路線、サードとファーストは未定って

感じでしょうか。キャッチャーは坂倉。

菊池も年齢が上がっているので僕としては羽月を後継指名したいって感じです。

昨年のCSでの3盗は圧巻でした。走れる選手は欲しいですからね。

ショート矢野、セカンド小園っていうのもあるかもしれないし、ショート矢野、サード

小園っていうパターンもあるでしょうね。

韮澤っていう話もあるけどよっぽど頑張らないと難しいのじゃないかって思います。

 

外国人期待していません。これらがダメな場合はカントリーの首にも繋がるので

頑張ってほしい所でもあるのですが賃金の安い日本にはロクな外国人は来ないのでは

って思っているから今後は自前で育てるって感じでいいのではって思っています。

 

1番センター秋山、2番セカンド菊池、3番ショート小園、4番ライト末包、5番C坂倉

6番ファースト堂林、7番レフト野間、8番サード上本って感じでしょうか。

 

大きなのを打てるのが少ないのでやっぱり迫力不足ですが投手力で地道に得点を稼いで

勝つって野球が良いのではって思っています。

 

昨年に比べると西川がいなくなったので戦力ダウンですがただ昨年は小園が出だし不調

に加え坂倉がキャッチャー専念で打撃がイマイチだったわけでそれが今年は万全だと

すると今年の方が全然いいって感じになるでしょう。

 

今年の一番の期待はやっぱり末包、田村の2人でしょう。

末包は出遅れましたが何とか早く戻って来て活躍してほしいものです。

ってスタメンに田村入れてないってどういう事って感じです。

田村は正直スタメンで使いたいところです。

 

末包がいない間は田村がスタメンに入るでしょう。

その後は調子の悪い選手が落ちるって感じになるのじゃないかって思います。

中村貴、宇草もいるからみんなうかうかは出来ません。

 

外野のポジションが厳しいってなると末包はファーストっていうのもあります。

あとはサードに林っていうのもあります。こうなると左が多くはなるのですが。

 

そうなると夢を描いた新しいオーダーは

1番レフト宇草、2番ショート矢野、3番セカンド小園、4番ファースト末包、5番C坂倉

6番サード林、7番ライト田村、8番センター久保っていうのも見てみたいものです。

 

ホームランの威圧感はないけど俊足選手が多くコツコツと得点を重ね失点を減らして

価値を重ねていくって感じの野球でしょうね。

 

さて順位ですが昨年のカープは2位でしたがいろんなデータを見る限りではこの成績で

よく2位になれたなって言われています。

それだけうまく戦ったって言う事になりますが確かに昨年のカープはベンチワークが

すごく良かったと思っています。今までのストレスが吹っ飛ぶぐらいのがらりと

変わったベンチワークでしたから。

 

そう考えると今年のカープもそこは期待できるのだと思うのです。

なので阪神に戦えるのはカープじゃないかって思いますけどね。

 

阪神はやっぱり強いですよ。優勝候補筆頭なのは間違いなしでしょう。

巨人も面白い存在ですが新監督の阿部がどうかという所でしょう。

DeNAは正直かなり厳しいって思います。昨年がベストの布陣でそれで3位でしたから

打撃陣はさらに強力になるのだとは思うのですが投手力がガタガタになるのでかなり

厳しいって感じでしょう。

中日は投手力はかなり良いですがベンチワークと打撃は問題ありって感じでDeNA

最下位争いになるのではって思っています。

ヤクルトは投手力次第って感じですが昨年の様な村上の不調もないでしょうから元の

強いヤクルトになりそうな気もします。

 

その観点から優勝はカープ、2位阪神、3位ヤクルト、4位巨人、5位中日、6位DeNA

じゃないかって思います。

DeNAは昨年のあれだけの戦力であの戦いだった事を考えるとやっぱりベンチワークは

悪いのだと思うのです。今年は度会、オースティンが+戦力となるとは思うものの

それ以上に今永とバウアー2人の存在は大きかったと思います。

 

カープ阪神を担当している人物を交代させるべきでしょう。

昨年の大竹にやられ過ぎ。阪神にはちゃんと対策をしないといけません。

大竹も凄い良かったように見えるけど、カープで成績が良くなっている所があるので

今期はそこをしっかりお返ししないといけません。

そうすると先発の一つが崩れる事になるのだから。他球団はそこまで大竹を苦手には

してないんですよね。五分ぐらいの成績のはずです。

 

 

最近、驚くほどに令和の平蔵こと竹中平蔵の意見と一致していてビックリします。

なんでなんだろう??どっちかの思考が変化していっているのか・・・

 

ベーシックインカムも彼も最近はよく言っています。

最近は逆所得税だったかな?そんな事を言っています。

マイナス所得税だったかな。結局は所得の低い人には給付って言う事です。

 

これからの時代、今はサラリーマンは損だって言っている人も今の仕事を失う可能性が

高くAIに取って代わられる時代がすぐそこに来ているのです。

自分は納税するだけ側なんて思っていたら危ないです。

 

いつどこでどっち側にまわるか分からない世の中なのです。

どっち側にいるからその側の立場の意見を言うのではなくこの社会にとってよりよい

社会になるための方策が必要なのです。

 

そう考えるとベーシックインカム的な事は絶対に必要になってくるわけでその始まり

としてマイナス所得税っていう考えは結構いいと思うのです。

 

そうする事で底辺を救うことが出来るのですから。そして社会の不安を少しでも減らす

事が出来れば社会も安定するっていうものでしょう。

それがあれば人はいろんなことが出来ると思うのです。

いろんなことが出来ればその中から目が出るものもあるものです。

 

そういえば最近政府も僕の思っている方向に方針を示してくれて嬉しい事が

ありました。年収が1000万円以上の外国人の滞在延長が出来るようになるって事らしい

のです。それはかなり良いですね。

 

僕は以前から外国人のお金持ち誘致をすればいいっていう事を言っています。

お金持ちの外国人からがっぽがっぽお金を落としてもらう事が大事なのです。

僕は最近よくYouTubeで日本に来た外国人の日本評価とかそういう番組を見たりする

のですがそこでよく言われるのが安全、清潔、親切、便利などが挙げられます。

 

お金持ちの外国人が住むには最適の地でしょう。

遊ぶところもあるし観光も良いし食べ物もおいしいし最高でしょう。

 

仕事はリモートでも出来るし、ファイヤーしている人はもう十分だし物価の安い円安で

条件の良い日本に住むっていうのはアリじゃないかって思うのです。

あとはそういう人向けのお金持ち用の別荘地的な所を作り上げていくと多くのお金を

取り込むことが出来るのじゃないかって思うのですけどね。

 

大三島でそういう所を作っているって話も聞いているのですが。

 

そういえば新聞社とテレビの関係の話も平蔵君がしていました。

 

このブログでも書いていた日本の独特なメディア体質。

彼もこの事をすごく言っていました。

 

なんだろう。この意見の一致。恐ろしいです。

 

掌返し 予測 構文

掌返しって言葉がありますが本当に無責任にあれこれいうのは僕達の様な素人だけ

しないといけませんよね。

 

それが専門家を名乗る人たちが適当な事を言っておいて後になって自分達が間違って

いた事を認めるわけでもないのに自分達が言った事を棚に上げて自分達が言った

尻ぬぐいもせずにまた違う方向であれこれ言っているのです。

 

もうなんなんだろうって感じがします。

 

ってなんの話かっていうと自動車のEVです。

 

日本の自動車メーカーがEV化に力を入れてなくて海外に後れを取っているって言われて

もう10年以上も経ちます。

 

そして時代がやっぱりハイブリッドだっていうと掌を返したように日本のメーカーは

正しかったと言っていたのにここ昨今はまた世界がEVに完全にシフトしたのに日本の

メーカーは遅れていると言われていました。

 

それがここに来てEVの弱点みたいなのが言われてEVシフトした国からまたハイブリット

回帰が出ている事でまたもや日本メーカーは正しかったって言われています。

 

外野で言うだけの専門家は楽ちんでいいよなって感じがしますよ。

僕達のと何ら変わりがないのですから。

無責任に適当な事を言っていればいいのだから。

 

何にも生み出さない記事が何をか生み出そうとしている芽を摘もうとしているのだから

本当にこういうのって淘汰されるべきなんだろうって思ってしまいます。

 

だけど自動車産業は本当に変革の時が来ているって思いますよ。

自動車メーカーが方向性を誤るって事は当然あると思うのです。

どちらが正解かなんて分からないのだから。

 

それでも全個体電池が出来るようになる数年後には本格的なEVシフトも始まって来る

って思っています。

そして近い将来ではエネルギー革命も起きてくると思います。

それはやっぱり核融合でしょう。これも出来る出来ないって今も言っていますが

出来ないじゃなく机上の空論じゃなくなったこの技術はきっと出来ると僕は思っている

って感じなわけですがそうなるともう車にガソリンはいらなくなるでしょう。

 

そうなったらハイブリッドでもなくEV一択になるんじゃないかって思います。

そうなる将来を見据えても車って再々買うものでもないので買う時期をどの時期に

すると良いのかを考えて今どの時期に車を買うかって大事になって来るって思います。

 

たぶん次期は10年ぐらいで大きな変革が定着するって感じだと思うのでそれに

合わせて10年ぐらい車を乗る人ならそろそろ車の購入を考えても良いって思います。

 

とりあえず数年後に全個体電池の自動車をトヨタが出すと言っているのでそのぐらい

から徐々にEV化も進んでくるのでしょうが全個体電池は価格が非常に高いためまだ

元が取れないって感じで新しもの好きのお金持ちの商品って感じで進んでいくと思い

ますが次第に価格も低下していくでしょう。

 

また電池に必要な資源もいろんな国で採掘されているようなのであの国に依存する事も

減ってくるかもしれません。そうなるとより買いやすくなるって感じでしょうね。

 

それを見越してもやっぱり10年後ぐらいに新しい車を買うっていうのがやっぱり車を

買うのに適している時期になってくるように僕は思うのです。

 

それに合わせて近いうちに車を購入予定の人は考えると良いのではないかって思ったり

しています。

 

 

激変の世の中の一番は生成AIでしょう。

 

だけど消滅職業って言われていた士業も生き残れるのだとか。

それも生成AIが登場する前の予想とその後の予想でちょっと様相が違ってきているって

感じになっているようなのです。

 

生成AIが登場する前にはホワイトカラー革命と言われ知識の世界のが淘汰されるからと

あれこれ消滅するって言われていたのだけど、実際に登場するとそれをうまく扱える側

と生成AIすら到達がまだ難しい世界ではまだ難しいと言われるようになったようです。

 

それは知識+α的な所が必要な分野ではやっぱり難しいってなるようです。

 

逆に肉体労働は難しいって感じではあったのですがその分野にも生成AIは入ってくる

ようでその分野でも淘汰はあるようです。

また研究者も淘汰されるのだとか・・・

 

研究者が淘汰されてしまうともう人間には理解が難しいって感じになるのかもです。

だけどそれでも残る人もいます。

それを扱う人が要りますからね。そこに人間というバイアスをかけないとなかなか信頼

が得られないって感じだと思うから。

 

それも信頼を勝ち得てAIが独自の進化を遂げてしまうと大変恐ろしい事になりかねない

って事が映画でもよくやっている感じになる可能性もありますよね。

 

今、甥っ子に勉強を教えているのですが正直なところそれもどうなんだろうって

思ったりもしているのです。

 

知識や勉強がどのぐらい必要なのかっていうのもこの生成AI時代には必要ないのじゃ

ないかって話も出ているのです。

 

今は主に歴史を教えているのですがこれこそ知識の問題だからもう必要なって感じも

あるのですが僕は歴史を習う価値には人間が歩んできた過程があるのだからそこは

一つの人間学だろうって考えると教える意味はあるのかなって思ったりしています。

 

だから僕が子供の頃に覚えた歴史の詰め込み教育的な学習ではなくちゃんと歴史の

あり様を教えています。なので凄く時間がかかるのです。

 

今は日露戦争の所だったのでどうして戦争になったのかどうして日英同盟が結ばれた

のかと結構深堀して教えているのです。

本当はこういう所が必要なんだろうって思うのです。歴史を学ぶっていうのは。

僕が子供の頃はそんな事は知らずに単に1902年日英同盟とだけ覚えた記憶があり

それで点は取れていたのです。

 

ここはどうして同盟が結ばれたのか特にイギリス側がどうして小国の日本と同盟を

結んだのかって所が重要だと思うのです。

イギリスにはイギリスの利点があったのだから。じゃないと同盟なんて結びません。

 

こういうのは今後の人間関係や処世術的にも役には立つと思うのです。

そしてこういう所がAIが苦手な所であってこういう所を伸ばしていく事で生成AI時代に

生き残れる人間に育てたいなんて思ったりするのです。

 

そしてやっぱり重要なのは言葉でしょう。

 

先日、車を走らせている時にラジオから生成AIの話を専門家に聞くってのをやっていて

その中でも言っていましたがこういう技術的な理系的な分野なので理数系の知識が

優位になるって感じがするのですがこの生成AIはプロンプトと言って言葉で命令をする

ので言葉が重要になって来るのです。

 

そしてその言葉を巧みに使って子供にも分かるように説明できる事が細部にわたって

しっかり説明できる事が大事になって来るのです。

 

そう考えると文系の力が必要になって来るって感じですよね。

やっぱり本とか読ませた方が良いのかな??なんて思ったりもするのです。

後はやっぱりコミュニケーション能力でしょうね。

 

ちょっと言葉足らずな甥っ子。そこは心配なんです。

 

3年後、5年後、10年後で様変わりをしてくる時代です。

僕達も既に巻き込まれる事は確定的なのです。子供世代の話ではなく僕達もこの時代を

生き抜くためにも新しいスキルを身に着け新しい時代の波に乗っていかないといけない

のだと思うのです。

 

 

おばさん構文。

 

最後に付けた「。」がどうも若い世代には恐怖に感じるのだとか。

やたらと句読点をつけるのがおばさん構文らしいです。

ちょっと前にはおじさん構文と揶揄されやたらと絵文字を使うって否定的に言われて

凄く笑ってしまったのですが・・・僕がまさにおじさん構文だから。

 

インスタやラインとかでかなりやっています。

そう言われても直しませんよ。おじさんなのだからおじさん構文でいいでしょう。

って僕は思っているわけです。

 

勝手に僕的にこのおじさん構文やらおばさん構文を若者視点になり切って解釈をして

みるとこれは若者の自分達のテリトリーに入ってくるおじさん、おばさんを排除したい

って気持ちの表れなんじゃないかって思うのです。

 

ちょっと前に今の若者はラインは使わない、その代わりにインスタでやり取りをして

いるって言われていました。そして少し前にはそのインスタも今の若者は使わないって

言われて違うものに移っているらしいのです。

 

その原因に親達が自分達が使っているツールに入ってくる事を嫌い逃げていっている

って事の様なのです。

 

まー、ある時から自分の部屋には入らないでって感じになるのと同じじゃないかな。

 

その自分達のツールに入って来た異物を追い払うって感じの事が〇〇構文って感じで

言っているのじゃないかって思うのが僕の考察です。

 

じゃー、おじさん視点から物を言わせてもらうと別に使っていいだろうって感じ。

嫌ならどっか行けよって感じですよ。

おじさんだからおじさんらしくやっていますよって感じなのですが。

 

別に絵文字を使って若者受けを狙っているっていうよりかはある機能は使ってみたい

ってだけなのです。

なのでおじさん構文って揶揄されているのを知った後でも全然やめません。

 

それを見つけて若い人にもし「うわ~、おじさん構文じゃん」って言われたら

別におじさんですから。って居直りますね。

っていうか僕を見て若者に見えるの?って感じですよ。

ピッタリでしょうって感じなのですが。

 

逆に若者に寄せ過ぎる方が怖いでしょう。

別に絵文字を使う事が若者に寄せているって思うのならそれは若者の自意識過剰だぞ

って僕は思ってしまいます。

 

鬼滅以降この歳になってアニメも見ていますが別に若者に寄せる為に見ているわけ

じゃなく面白いから見ているだけだぞって言いたいですよ。

 

逆に若者がめんどくさいおじさんって思っているように僕はそういう若者の方が

めんどくさい若者だなって思いますけどね。

若者全般じゃなくそういう事を言う若者ってしょうもない奴が多いって思いますよ。

 

おっさんは正直そう居直れる人がいるとは思うのですがおばさんは敏感に反応して

しまいそうです。

周りよりも本人や女性同士の方が美意識や若さに敏感だと思うから。

 

おじさんはおじさんって言われても平気だけど、女性におばさんは禁物ですからね。

 

でも自分が若い頃に思っていたのはおじさんでもよい年の取り方をしている人は

老けているっていうよりも良い年の取り方をしていてかっこよく見えました。

逆に妙に若作りをして派手になり過ぎてう~~んってファッションをしている人なんか

みていると「俺若いだろう」って言われて内心微妙な感じになったのを記憶していて

あーはなりたくはないなって思ったものです。

 

そんな風に思っていた僕もそういう年代になって来て実際どうなんだろうって感じ

ですがもう仙人なので何にも考えてないのです。

 

周りを意識する事がほとんどないのです。

良いようで悪いようでなのですが個人的には囚われるものがないので本当に気軽に

生きていけて良いように思っています。

だけどこれの行きつく先は浮浪者ですからね・・・

 

そう考えるとそうはならない様にしっかりするところとそうでないところをしっかりと

判断してやっていかないといけないんだろうって思うのです。

 

話はグッと戻っておばさん構文で俵万智さんがコメントしていました。

 

マルハラに対して「優しさに一つ気が付く×でなく◦で必ず終わる日本語」っていう

一句を紹介したようです。

 

さすがですね。

 

サッカー 卓球 ラーメン

いやー、さすがにダメですね。

 

サッカー日本代表がアジア杯でイランに1対2で敗れました。

 

後半戦はもう一方的な試合って感じで日本の良い所はほとんどなかったと思います。

 

前回、森保監督を擁護するわけじゃないのだけど、大会が終わったわけでもないのに

批判するの早いって書いたのですがもう敗退したのでここは思いっ切って批判しても

良いでしょうっていうかやっぱり解任でしょう。

 

ドイツに連勝したりいろいろと認めざるを得ないって感じだったのですがいつも腑に

落ちないって感じの所があるのです。

 

起用法だったり戦い方だったり・・・

今回はさすがに選手も怒り爆発って感じで守田が発言していましたね。

 

監督をしっかり批判していて選手も我慢の限界って感じだったのだと思うのです。

こういう試合をやって改めてこういう批判が出るのですが僕は常にこの事は言って

いるのですがボールを収めることが出来る選手がいるのです。

 

上手い選手は日本には沢山いますが体を張れる選手ってあまりいないのです。

久保君とかもチームでは周りにそういう選手がいて彼も活きている所があると思う

のですがそれがちっこい選手ばかりで前線に張っていてはよっぽどじゃないと上手く

立ち回る事は出来ません。

 

それが代表になると連携もそう簡単には作れず、その上守田が言うチーム内の約束事

みたいなのもなければ昔のバルサみたいなチームになれるはずもなくあのような特殊な

チームを再現できるわけでもないのに何がやりたいのかが分からないチームになって

しまっているように思えるのです。

 

ここに来て今回召集されてなかった鎌田の存在をいう記事を読みましたがこの鎌田と

森保監督は相性が悪いです。

 

サッカーってどのチームに行っても活躍できる選手っていうのは特殊でやっぱりその

選手の特性が活かせてないとその選手がヘボに見えてしまうのです。

 

違う監督で今の日本代表を見てみたくて仕方がないですよ。

 

イラン戦でう~~んってなった選手はやっぱり板倉は危険だって思いながら見ていた

のは誰も一緒でしょうが僕は堂安が全くダメだったので早く替えた方が良いって

見ながら言っていました。

 

そして久保君は右サイドをやるべきでしょう。

トップ下はやっぱり鎌田が良いと思いますが小川なんかを代表に呼んで上田との

2トップなんかもやってみても良いのかもしれません。

 

いろんな布陣を試してほしいって思ったりるのですけどね。

 

日本人の優秀な選手を順番に列挙してスタメンにするのではなく強いチームを作る

為に必要な選手を呼んだ方が良いと思うのですけどね。

 

浅野は先発では絶対に使ってほしくないです。

勝っている試合の後半で相手が無理して攻めてくる状況でカウンター攻撃が出来る

ような展開でしか使うべきじゃないって思うのです。

 

それじゃあまり使い道がないのなら呼ぶべきじゃないでしょう。

 

使い勝手が悪すぎます。同じようなことが出来て使い勝手が良いのが前田なので

彼を選んで浅野は落選させるべきかと僕は思っていますけどね。

サンフレ枠なのかどうか分からないけど・・・

 

堂安も先発ではちょっと無理かもですね。

右の序列では伊東、久保のどちらかで堂安はその下って感じになりますね。

 

3バックも試してほしいんですよね。難しいかもしれないけど。

僕は結構3バック好きなんですよ。

 

ウイイレでは3バックの3ボランチっていう特殊な布陣を構築して結構楽しんでいた

事があるのです。ゲームですが。

 

なにはともあれ選手からもかなり批判が出ている森保監督は解任一択でしょう。

 

 

卓球のオリンピック代表の最後の枠が張本選手に決まりました。

僕としては順当かと思っていますがそれによって落選したのが伊藤美誠選手という

信じられない感じもするのですがそれほど今の日本代表のレベルが高くなっている

っていう事と伊藤選手の体調がちょっと心配ですね。

身体的にもメンタル的にも。

 

インタビューであの年でもすでに長年トップでやって来ているって話でいろいろと

限界に来ているって感じの事でした。

 

まだまだ若いのだから一度休憩してリフレッシュしてやればって思ったりもするの

ですが卓球然りですが多くのスポーツは4年に一度のオリンピックが最大の祭典で

これを逃すと4年後って感じになってしまうのでさすがにピークを越えてしまうって

感じになってしまうのでしょうね。

 

そう考えると来年があるって感じだと良いのですがそれがないのでだからこそヒリヒリ

した感じが見ている側としても面白みを感じているのかもしれないのですが。

 

ただやっている本人としてはプレッシャーたるやたまったもんじゃないですよね。

 

やっぱり強い競技は協会もしっかりしているように感じます。

今回の決定には納得してしまう感じがあります。

実績を重視して伊藤選手だったらモヤモヤが残ってしまいますから。

 

冬季オリンピックで怪我をしている選手を実績重視で選んで散々な結果になった時に

僕はこのブログで断罪したんですよ。

正直、皆このオリンピックを目指して頑張っているんですよ。

怪我をして実力を出せない選手を選ぶべきじゃないんですよ。

怪我をしていても圧倒的に他の選手を圧倒出来るのならもちろん怪我をしていてとか

関係なく代表でしょうがそうじゃなく他の選手にもそれなりの可能性があるのなら

そっちを選ぶべきでしょう。

 

なんだかお涙頂戴の悲劇のヒロインを演出して酔いしれているだけって感じがして

選ぶ側がそういう私情に流されていけないって思うのです。

 

そう考えると今回の卓球の協会は勝ちにこだわった選択をしたなって思えるので

凄く納得してしまいました。そしてオリンピックが楽しみになってきました。

 

ただ伊藤美誠選手の張り裂けそうな感じも痛々しくて見ていられない感じで本当に

かわいそうで・・・まだあの年齢で・・・って感じでおっさんは見てしまいます。

 

 

ラーメン。

 

いまや国民食で海外からも絶賛されている日本を代表する食となっていますが

ここに来て倒産ラッシュらしいです。

 

僕もクーポンが使えるって事で何度か行ったお店のクーポンがアプリから消えていて

どうしたのかな?って思っていたら閉店していたようでした。

 

今回の倒産ラッシュは物価高とエネルギーの高騰に価格転嫁が出来ずに倒産に

追い込まれるお店が出てきているようです。

これにコロナ禍のゼロゼロ融資の返済が圧し掛かればジエンドって感じなのでしょう。

 

まー、ラーメン屋さんも増えましたからね。

それでも全国でも愛媛はラーメン店が少ない県らしいです。

他県に行くともっともっとラーメン屋さんは多いらしいです。

 

飽和状態でもあるのでしょう。

レッドオーシャンって感じなんでしょうね。

 

レッドオーシャンといえば人の事は言えない僕達の業界ももうかなりの飽和状態で

先日、久しぶりに来院した方との会話でそんな事を話していました。

 

倒産といえば粉もん屋さんもかなり倒産していっているようです。

お好み焼き、たこ焼き屋さんが倒産していっているようです。

そんな風には思えないのですが。そうらしいです。

 

やっぱり仕入れが上がり燃料が上がりその分の価格転嫁が出来ない・・・

円安もあり今までのデフレのツケもありその歪みがこういう所に出てしまっている

のでしょうね。

 

価格転嫁が出来ないのは国民の収入が増えないからでこれをどうにかしないと本当は

いけないのですがこれもどうにもできない感じで増える事には増えるようですが

このままではスタグフレーションの解消程の賃上げにはならないって感じらしいです。

 

こんな話を書いていくと暗くなるのですがラーメン店では違う現象もあります。

 

YouTubeで英会話の男性3人組の動画があるのですがその中での雑談で東京のラーメン

それも一蘭がかなりヤバい事になっているのだとか。

 

3時間待ちの行列になっていたりするようです。

それもほとんどが外国人らしいです。

 

都内でも沢山の一蘭のお店があるようで穴場だと待ち時間が少ない所もありそういう

お店を発見すると入りたくなるって感じになるって感じで話をされていました。

 

記事とかでは一義的な話が多くどのお店も潰れまくっているって感じがするのですが

そうではなく儲かって仕方がないお店もあるのでしょうね。

 

だけど物価高とエネルギーの価格高騰でラーメン店の経営がひっ迫しているのは

事実でしょう。ここを何とかしないといけないのが本当は政府の役目なのでしょうが

今はパー券、裏金問題の知りませんでしたコントに終始して政治改革なんていう

お芝居をしているのでそれどころじゃないのでしょう。

 

だけどお店が潰れるのはないにこした事は無いのですがゾンビ企業が残る事の方が

かなりヤバい事なので今までやって来ていたゾンビにエサを与える政策だけは辞めた

方が良いでしょう。

 

それよりも健全な競争が働いて適正な給料が払われる世の中を造っていくべきだと

僕は思っています。

 

そうする事によって日本経済も復活するってものですよ。

近い将来そんな日が来ればいいなって頭をお花畑にして夢見る事にします。

 

お前もか! コンプラ ルール

なにやら松ちゃん騒動から始まっていろんな所に飛び火していますね。

 

よくは読んでないのではっきりとは分かりませんが若新さんが過去にあった女性問題で

かなり酷い事をしていてそれで全てのネットやメディアの出演を辞退するっていう

コメントを読みました。

 

まー、自業自得ってやつでしょうね。

 

酷い事をしたらその報いを受けるのは当然ですから。

ただこれが犯罪なのかどうか?というのは司法が結果を出す事なので僕達はその判決を

待つしかないのですが今回は犯罪ではなくひどい仕打ちをしたって事なのでしょうか?

 

まー、それでも女性の気持ちを考えるとそのぐらいの事はあっても仕方がないのかも

しれませんがただ恋愛において酷い事っていうのが犯罪チックの酷い事なのか

モラル的に酷い事なのか、それがモラル的に酷い事でどの程度の社会的制裁を受ける

べき事なのかって難しい所です。

 

フラれた側からすると相手のやった仕打ちが酷い事になってしまいますから・・・

学生時代に友達が女の子に言い寄られていて断った事があって別に何も酷い事もなく

ただ普通に「お付き合いできません」ってだけだったのですが他の女友達から僕に

電話があり「〇〇君、酷くない?〇〇ちゃんがかわいそう」ってやんやと複数の女子に

何故か僕が文句を言われる始末。

 

もう????しかありませんでした。

 

何故に僕に電話?って感じですよ。

そして好きでもない子に告白されてお断りするとそれが何故に酷い事になるのか?

って事ですよ。

 

正直な所、これは感情の暴走であって真面な理論ではありませんよね。

だけど、今回の問題の中にもこういう事もはらんでいれば難しい問題となります。

 

若新さんの件がどういう内容なのかはよく分かりませんが松ちゃんの件は恋愛ではなく

半分暴力事件的な感じなんですよね。

 

半強制的なわいせつ事件って感じなんでしょう。

 

そして今度は新たな展開としてサッカー日本代表の伊東純也のわいせつ事件です。

 

これはどういう内容なのかは分かりませんが女性側の訴えでは酔わせて酩酊状態で

そういう行為を無理やりしたって話のようですがそれに対して伊東純也側が逆に

相手女性を訴える感じになっています。アリバイがあるのだとか。

 

これも詳しくは読んでないのでよくは分かってないのですが冤罪ではって話が強い

ようでこういうのを見るとたまに出てくる痴漢冤罪話です。これは酷いです。

 

もし今回の件が冤罪だったらこれは痴漢冤罪でもそうですが男性だけじゃなく女性側と

してもやめてほしい話だったりしますよね。

 

訴えにくくなるから。

 

だからといってそういう人を断罪すると余計に訴えにくくなるようでどう扱って

よいのやら難しい所ですよ。

 

松ちゃんの件でも訴えた側、これも冤罪かもしれませんがこういう感じで訴えた側も

かなりのリスクを負っての行動になるのですから。

 

証拠が示せないと結局のところ冤罪じゃなくても裁判では無罪となり無罪=なにも

なかったと思ってしまう人もいます。

 

伊藤詩織さんの件もそうですよね。

結構彼女も誹謗中傷されましたから。

 

そう考えるとリスクが高いです。

ただ松ちゃんの問題の方は複数の関連性のない女性からの訴えがあるのでかなり

松ちゃんは不利な状況な上に最近ではマッサージ店の女性に暴行を働き警察に届け出

されているって話なのでかなりヤバい感じだと思います。

 

まー、僕は仙人なのでそういう事がないので関係ない話ではあるのですが

今後、男性は女性と向き合う時には誠実でないとこのコンプラの厳しい社会では

かなり厳しいって思いますね。

 

っても一般人は社会的制裁ってないのであんまり関係ないのかもしれませんが今後

一般人でも社会的制裁っていうのがどういう形でかは分かりませんがあるかもしれない

ので時代に即した形での恋愛をしないといけないのかもしれませんね。

 

 

ドラマ「不適切にもほどがある」を見ました。

ドンピシャ世代で思いっきり最高のドラマとなりました。

 

出てくるものが全て懐かしいって感じで笑えるのですが時代と共に自分もその時代に

迎合していて考え方も変わっていったのだと思うのですがこのドラマの面白い所は

令和と昭和をモラル的に対比させるところです。

 

今週の回は働き方改革がテーマになっていました。

 

これがまた今のドンピシャテーマで2024年問題が入っていました。

 

そしてドラマの中での結論的には今言われているように働き方改革で働く量を減らす

のではなく選べるってした方が良いという今よく言われている結論でした。

 

そうなんですよ。働きたい人に働かせないっていうのもおかしな話ですから。

それよりも仕事をしてない人に高級を渡すのをやめて仕事の量を減らすべきであって

仕事が出来てやりたい人にはそれなり働かせた方が良いのです。

 

タイパ、コスパなんて言葉が昨今の若者が使う今の時代に合わせるのならまさに

コスパの悪い仕事の出来ない人の仕事の量を減らせばいいのです。

 

日本人が働き過ぎっていう幻想は過去の話でタイパ、コスパが悪い働き方をしている

っていうのが事実のようです。

そして外国人の方がよっぽど働いているようです。

 

ただ日本の場合は拘束時間が長いだけなのです。

あとは賃金が上がってないので安月給や派遣労働で安い労働に頼り機械化をせずに

そういうのに頼りすぎでそういうところが働き過ぎってなっているだけなんです。

 

日本は物事の本質に迫らず、玉虫色に利権者の都合の良い所での改善?改悪をして

しまっているので社会がなかなか良くなりませんよね。

 

クドカンドラマっていうだけで期待はしていたのですがドンピシャ世代で最高の

ドラマとなっています。

 

このドラマと同じようなドラマに「ハイポジ」っていうのがあります。

主人公が亡くなったと思ったら1986年の高校生時代に戻っていたって話なのですが

これも1986年なのです。今回のドラマも確か1986年だったと思います。

 

ちなみにハイポジっていうのはハイポジションっていうカセットテープのランクで

ノーマル、ハイポジ(クローム)、メタルっていう感じでランクがあるのです。

 

安いのはノーマルで良い音質を求めるなら上のクラスで録音するって感じで僕も

なんどかメタルテープを買った事があります。

 

実際に鉄のような感じの金属で作られていて重厚な感じでした。

 

今回のドラマでもあのヤンキーの先輩がメタルテープって言っていて懐かしー

ってなりましたから。

 

ケツバットも昭和なんですね。もう過去の産物なのか。

僕は野球部でも何でもないのでそういう事は無かったのですが普通に担任がかなりの

暴力が凄い担任で今なら絶対にアウトだろうなって感じの事もありました。

 

だけどその先生は良い先生だったんですよね。熱血で。

だけどあの時代でもアウトでした。先生も苦労したんですよね・・・

 

あの時代でアウトだったのだから今の時代だったらもっとアウトですよ。

 

先生に殴られてっても一発じゃなくて何発もで血まみれになった友達もいて本当に

凄まじい感じでしたからね。

 

そんな武闘派の先生には相棒のもう一人の武闘派の先生がいて僕は一度職員室で

その先生二人にあれこれと言われた事があるんですよね・・・

 

その武闘派先生二人と仲良かったのでいろいろと頼み事っていうかとある役を押し付け

られそうになったりしたのです。懐かしい話です。

 

コンプラやモラルがうるさい世の中で融通が利かないのはダメだけど、いろいろと昭和

のダメな所はやっぱり改善していった方が良い所も沢山あったと思います。

 

だけど今の状況はとてもじゃないけどより良い様に改善されているようにはなかなか

思えないって感じですね。

 

ドラマの展開を楽しみにながら現実の僕達もどうすべきか考えていきたいなって

思ったりします。

 

 

世の中はこれだけコンプラだのモラルだのいろいろとうるさい時代になったのに

いまだに何にも変わらない全然違う空気間で進んでいる組織があります。

 

それが日本の国を動かしている組織だったりするって思うとゾッとしますよね。

 

パー券、裏金問題も結局トカゲの尻尾切りでそれじゃー許されないぞって言っている

のにもかかわらず知りませんでしたっていつもの奴で乗り切ろうってしているのだから

本当に困ったものです。

 

しかもそのやり口がいまだに通用するっていうのだから何もブラッシュアップされて

ないって感じですから国民の一人としてはやっぱりやるせない気持ちになりますよ。

 

いろんなところでダメルールは少しずつ改善しながらより良い方向へ向かって行って

いるのですがどういうわけかルールを作る側のルールはいまだに改善されずにやって

いるのだからどうしようもないです。

 

それで出てきたのが派閥の解散っていう訳の分からない事をやって幕引きにしようって

感じなのだからもう確信犯丸出しなのですがそれでもお咎めなしってどういう国なんだ

って思ってしまいます。

 

世の中どんなルールを作っても悪い事をする人はいるものです。

だけど悪い事をして見つかればそれなりの処罰をしっかり受けさせる、また抑止力に

なるようなルールに作り変える必要があると思います。

 

そりゃー見つかっても言い逃れが出来るとなれば銀行強盗でも人殺しでもやるって人も

出てくるものですよ。

 

ルールの隙間をついて捕まらないような知能犯もいますがそういうのが出てくれば

ルールをしっかり改正して捕まえられるようにすれば良いだけですよ。

 

だから今回派閥の解散って中途半端な事をして本質的な所の改革に乗り出さない

って事やっているのだからそれはもう確信犯って言えると思います。

 

そしてそういう事をやっているのだから反省は全くないと言う事がうかがえます。

 

もうこんなアホなニュースはしなくても良いのです。

ちゃんと結論を言ってあげて終わればいいと思います。

 

自民党は悪い事を確信犯でやっていてそれを誤魔化し、改善するふりをしてまだまだ

公金チューチューをしまくるぞ!!って事をやっていくと宣言をしているって感じだと

報道してそれで終わればいいのです。

 

もうそれ以上でもそれ以下でもないのです。

 

後は選挙で・・・っても変わらないでしょうね。